カテゴリー別アーカイブ: 人物について

瀬戸内のきわ、豊島の景色

月曜日、朝から雨が続いています。

最近、和歌のリズムに心をほだされて、あのようにほろほろと心地よいリズムを思いのままに口遊めたら、さぞ気持ちがよいだろうなぁと憧れは募ります。

はるかなる岩のはざまに独り居て人目思はで物思はばや 西行

いにしへをしのぶとなしにふる里の夕べの雨ににほう橘 源実朝

 

とても直感的で、波にゆらめくようなリズム感があって、いつの間にか消えていくなかにある移ろいだったり。
日本人の美的感覚って、常に揺らめく時のなか、付かず離れず、凡ゆるもののあわいに身を委ねて夢現つ、みたいなところにあるのかしらと思えたり。

小豆島に引き続き、豊島の景色。
何もない島だけど、とても好きな島。 

DSCF5972 続きを読む

瀬戸内から見えるもの 〜小豆島〜

先週末、(もう先週末ね…)訪ねた瀬戸内・四国の景色をぽろぽろとお見せしていきます。

瀬戸内はとても気に入ってしまって、きちんと文章にもしてみたいし、もう少しじっくり知ってみたいところ。そんな場所でもありました。

~小豆島での道すがら~

DSCF5780

連なる島々と、ぴょーと白くのびる波。
ゆらゆらぷかぷか、揺られていても飽きることないそんな時間。 続きを読む

朗読から動き出す ”ものがたり”

i love you  ~

という歌い出しで始まる、トウヤマタケオさんのピアノ伴奏曲に合わせて、その物語は確かに立ち上がり動き出した。

翻訳家・柴田元幸『MONKEY vol.6』刊行記念ツアー

パトリック・マグラア『オマリーとシュウォーツ』。

IMG_0095

柴田さんの朗読の息遣いは荒い。
流暢に文字を追って読んでいくというのではなく、物語の奥までぐーっと入り込み、そのものになって躍動し語り始める。猫背な容姿でひょろりと立ち上がり、鋭く何かを捉えている眼差しからは、恐ろしいような、不気味な空気すら感じられた。 続きを読む

感覚的で直感的。やさしい陰陽とこよみの話

風邪が治りかけるとき、黄色く固まったどろどろとしたものが、体の中からたくさん出てきたりして。今、体の中から出ようとしているどろどろしたものたちはなにかの死闘を終えた、戦いの痕跡なのか、半年前からたまり続けたいらないものの塊なのか、一体なんなんだろう。なんて、とりとめもなく考えた。

春の鼻水のように、流れっぱなしで終わりがないというのはとても苦痛で、夏。片っぽの鼻は完全に詰まって喉にも何ものかが潜伏していて、呼吸がうまくできないのもこれはこれで苦しい。

体の中で起きている出来事、声にはならないけれど、こんなにもアピールされてしまっては、労らなくちゃと思うばかり。。

ほんとうは先週末のこと、瀬戸内・四国を巡った足跡を記したいなぁと思いつつ、こんな風に体の中で起こっている出来事について書き始めてしまったので、昨日参加した、『暦の話』について書いていこうと思う。ここでの記し方は行ったり来たり。印象に残った言葉をとつとつと置いていく。

東京の世田谷区、閑静な住宅街(わたしにはとても縁がないところ)の一角に、Jikonkaさんというギャラリーがある。とてもすてきな場所で、わたしはこの場所に密かなシンパシーを感じている。 続きを読む

手から手へ。

とてもあたたかな場所を訪ねた。

どっしりとした風格にやわらかな安定感。

いかにもといった主張を感じることもなく、腰を下せば

ただただ穏やかにくつろげる。

 

安心と安定と、しずかな味わいのある、とてもあたたかな場所だった。

 

IMG_0084

続きを読む

「金継ぎとつなぎ場とBUKATSUDO」トークを聴いて。

先日、横浜「街のシェアスペース BUKATSUDO」で行われた ナカムラクニオさんと、内沼晋太郎さんのトークに参加して。そこで話された内容と、そこから感じたことをまとめていきます。

前回参照:BUKATSUDOの文化祭。勝手に潜入レポートの巻。

DSCF5593
BUKATSUDOのつなぎ場の一部。

はじめにナカムラクニオさんについてですが、わたしが一番はじめにナカムラさんの存在を知ったのは、屋久島ナイトの行われた2011年か12年ごろだったと思います。その頃はまだ、6次元という場所がどういう場所であるのか、ナカムラさんがどんな活躍をされているのか知ることもなく、以前屋久島でガイドを担当していただいた小原さんが講師にいらっしゃる。とのことで参加を決めました。 続きを読む

BUKATSUDOの文化祭。勝手に潜入レポートの巻。

昨日、横浜の造船ドック跡地に昨年6月にオープンし、1周年を迎える街のシェアワーキングスペース「BUKATSUDO」の文化祭なるものにふらっと立ち寄ったので、その時の模様を勝手にお伝えします。

DSCF5572

というのも、ここの存在はオープン当時から知っていたけれど、きっかけがなく実際に足を運んでみよう!というところまで気が進まなかったというのが実際のところ。 続きを読む

音楽の聞こえるほうへ。

6月の末に、四国と瀬戸内へ旅に出ようと思っています。

IMG_0038

きっかけは以前、荻窪6次元で行われたイベントでお知り合いになった(なんていうのはとてもおこがましいのですが…)ignitiongalleryとして活動されている熊谷さんの企画するイベント、翻訳家・柴田元幸『MONKEY vol.6』刊行記念朗読ツアーに惹かれてしまい、行きたいと思ったからです。
続きを読む

今しかない、時間がない、行くっきゃない?…

昨日、渋谷公会堂で行われた高城剛トークライブ!★★読者大感謝祭★★「旅は、人を幸せにするのか?」に参加してきました。

はじめに断っておくと、わたしは高城さんのメールマガジンの購読はしておらず、今のところ彼の著書も読んだことがありません。高城さんの熱心なファンである友人から誘っていただき、今回初めて『高城剛』という人に触れてみたという感じです。

なので中心からは遠く離れた場所、どちらかというと対極的な位置から感じたことをいくつか掻い摘んで書き残してみようかなと思います。 続きを読む

透明な眼差しの先にある「いつか見た風景」。

限りなく透明な眼差しを手に入れることができたとしたら、自分にもこんな写真が撮れたりするんだろうか?

IMG_0032

図書館でたまたま手に取った、北井一夫さんの「いつか見た風景」という一冊の写真集があまりにも面白く、食い入るように見入ってしまった。(相変わらず入ってばかりいるここ最近。出口が何処にあるのかなんて、知らぬ顔。)

続きを読む

ルーシー・リーが隠し持つ、鉄の拳と手ごわさと。

GW中に訪れた、茨城県陶芸美術館で開催中の『没後20年  ルーシー・リー展』について書きたい気持ちを募らせたまま、時間は経過。

彼女の生み出した作品から放たれている気高さであったり、彼女自身が持ち合わせている魅力について語るには知らないことが多すぎて、もう既に亡き人になってしまっているけれど、もっと手応えを持って彼女について知りたくなってしまった。
図録をじっくり眺める傍ら、ルーシーの人柄や生きていた時代背景、彼女を取り巻く人々や環境について理解が深まる一冊を読んだ。

IMG_0030
                        画像:本書「Lucie Rie」より 続きを読む

今、なぜ民藝か? 横軸の広がりから、縦軸の深まりへ。

昨晩、下北沢のB&Bで行われた「いまなぜ民藝か?ー手のひらから始まる暮らし、そして社会へ」というトークイベントに参加した。

DSCF4901
 ー濱田庄司邸を訪ねた時に撮影

今回お話してくださったのは、4月に『民藝インティマシー』という本を出版された、明治大学理工学部専任准教授 鞍田崇さんとRoundabout(お店)・OUTBOUND(場所)を通して活躍されている小林和人さん。

続きを読む

焼き物を巡る旅。益子編

先日、GWを利用して益子陶器市と笠間の陶炎祭・その脇の茨城陶芸美術館で開催中の没後20年ルーシー・リー展に行ってきた。

陶器市自体については、また別のところで紹介する機会がありそうなので、「焼き物を巡る旅」の中で個人的に大興奮したスポットについて。

DSCF4910 続きを読む

木原佐知子さん「石と人」展

以前、PARISmagの取材でお話を伺った、sunshine to you ! 木原さんの個展に行ってきた。
参照:海も山も時間もある。神奈川の葉山で1年暮らしてみました|PARIS mag

プリント
                   引用:木原さんHPより

 

横浜大和町にある、green pointさんで5月6日まで開催中とのことで、自宅から近かったこともあり、図々しくも意気揚々と訪ねて行った。

続きを読む

1本の傘を所有する意識の希薄さについて

あたたかな日差しが注ぐ午後の帰り道、1本の傘を買いました。

長い傘を片手に、いい季節になったなぁと春うつつ。

ぼーっと電車の手すりに預けたが最後。
ついさっき買ったばかりの青色に淡いピンクと白色が混ざったその傘は、電車に揺られ、どこか遠くの駅まで運ばれていってしまったのでした。

DSCF4466

続きを読む