ものがたり」カテゴリーアーカイブ

朗読から動き出す ”ものがたり”

i love you  ~

という歌い出しで始まる、トウヤマタケオさんのピアノ伴奏曲に合わせて、その物語は確かに立ち上がり動き出した。

翻訳家・柴田元幸『MONKEY vol.6』刊行記念ツアー

パトリック・マグラア『オマリーとシュウォーツ』。

IMG_0095

柴田さんの朗読の息遣いは荒い。
流暢に文字を追って読んでいくというのではなく、物語の奥までぐーっと入り込み、そのものになって躍動し語り始める。猫背な容姿でひょろりと立ち上がり、鋭く何かを捉えている眼差しからは、恐ろしいような、不気味な空気すら感じられた。 続きを読む

寂しさの治まるところ。

「寂しさは何処からくるの?」彼女は言った。

「寂しさは、あたたかいところからやってくるんだよ。」と、誰かが答えた。

「あたたかいって、どんな感じ?」彼女は聞いた。

「あたたかいって、お母さんのお腹の中みたいな感じ。」僕は言った。

続きを読む